ピロリ菌検査キット(胃がんリスクチェック)

ピロリ菌検査キット(胃がんリスクチェック)

 

ピロリ菌検査キット(胃がんリスクチェック)

ピロリ菌の検査が自宅で簡単にできます。

ピロリ菌の検査が自宅で簡単にできます。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃炎などの原因細菌と考えられているピロリ菌。
胃がんにも深く関係していると言われています。

 

■ピロリ菌について
ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は胃の内部に生息する細菌で、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃炎などの原因菌と考えられています。また、最近では胃がん患者からも高率に検出されることから、胃がんにも深く関係していると言われています。

 

■検査について
デメカルの血液検査キットを利用したピロリ菌検査は、細菌に対する防御のために体の中で作られる物質(=抗体)の量を測定し、ピロリ菌感染の有無を調べるスクリーニング検査(ふるいわけ検査)として有用です。「胃がんのリスク度合(ピロリ菌感染の有無)」として、ヘリコバクター・ピロリ抗体を測定します。 この検査で陽性となった場合には内科にて精密検査(内視鏡検査やバリウム検査)を受けることをお勧めします。

 

■判定で基準値を超えてしまったら?
ピロリ菌感染の検査そのものは「がん」の存在を調べるものではありません。ヘリコバクター・ピロリ菌検査の検査結果が基準値が超えていたからといって「がん」と結びつけることはできませんので、医療機関を受診し、現在のピロリ菌感染状態の鑑別等、医師の総合的な判断を仰ぐことが必要です。

 

■判定が基準値以下だったら?
検査の結果が基準値以下の場合には、今現在はピロリ菌感染の疑いは低いと考えられます。この場合でも、胃炎を繰り返すなどの体調不良や健康に不安を感じる場合には、医師に相談して下さい。また、感染経路が明確ではないので、今後新たに感染する可能性も考えられますので、定期的に検査を受けることをお勧めします。

 

商品名: DEMECAL(デメカル)ピロリ菌検査胃がんリスクチェック
原材料名: 採血セット(血漿分離器、採血針、採血管、消毒綿、絆創膏など)、検査申込み用紙、返信用封筒
サイズ: 150×105×33mm(90g)
検査項目: ヘリコバクター・ピロリ抗体検査
管理医療機器承認番号: 21600BZZ00007000
区分: 日本製・医療用具